物語 -Story-

 

摂津の国(奈良県豊能)で沢城主高山照友の子として生まれた右近は、

父の導きによりユストの洗礼名を授かった。

 

信長の侵攻により、高山親子は高槻城主の

和田惟政(わだこれまさ)を頼ることになった。

高槻城に攻め入った荒木村重から城を守るなどの活躍を見せ、

高山親子は領民や家臣からの人望を獲得していく。

 

しかし、面白くないのが和田惟政の討死後若くして高槻城主となった

息子惟長(これなが)だった。

惟長は後見人である叔父の和田惟増(これます)を自らの太刀で殺害するなど

感情の赴くままに行動してしまう城主だった。

 

人望の厚さを妬んだ惟長は高山親子の暗殺を企てる。

この情報を得た高山右近は、当時摂津守護に成り上がっていた荒木村重の進言により、

逆に高槻城に攻め入り、惟長との激しい戦いを繰り広げる。

この戦いで、自身も首を半分切られ、到底助かりそうもない深手を負ってしまうが、

奇跡的な回復を遂げたことによりさらなるキリスト教の信仰に傾倒する。

© TAKAFUJI DANCE COMPANY