創作日本舞踊 孝藤流

家元の孝藤まりこが石川県金沢市で創流。
実母である河内芳子が戦時中に舞踊家として各地で公演し、数多くの人々を勇気づけた。そんな彼女の意志を受け継ぎ、さらには「世界と日本を踊りによって結びたい」という志の下、数十年に渡り、海外公演、国内公演を通じて数々の作品を生み出している。
金沢市民俗芸能伝習団体にも認定された。
現在は、家元の実子である孝藤右近が二代目を襲名し、
その実弟であり、総師範の孝藤左近と共に流派の

伝承活動及び後継者育成に尽力している。

舞踊家プロフィール

mariko1_edited.jpg

孝藤流家元

孝藤まりこ

7661.jpg

孝藤流二代目

孝藤右近

0C44A53C-CF58-41D1-AF92-F4D6F8C6F7FF_edi

孝藤流総師範

孝藤左近

孝藤流総師範

孝藤まり​佳

孝藤流総師範

孝藤まり桜

舞台実績

出張パフォーマンス

加賀百万石 連獅子

右近☆左近オリジナル十八番演目。

歌舞伎舞踊"連獅子"の踊りに、出身地石川県の伝統芸能である"加賀獅子舞"と"能登太鼓"を合わせ、非常に迫力ある演目となっている。

獅子の扮装での舞踊や立ち回り、太鼓の乱れ打ちが加わった日本のエッセンスを『右近☆左近』の二人で演じることが特徴。

海外での人気も高く、ニューヨークのグランドセントラルで開催された「Japan Week」や「World Beat Festival」、台湾・マレーシアでの「Cool Japan Fest」でメインゲストとして出演。国内では、浜離宮恩賜庭園での東京150年祭メインゲスト、日本を代表する高級旅館である加賀屋や成田国際空港での新春公演にも毎年この加賀百万石連獅子を公演。

加賀百万石 花魁道中

創作日本舞踊孝藤流家元である孝藤まりこより、流派の芸として継承されました。

花街が発展している加賀百万石と称される金沢の東山にて生まれ育った孝藤まりこは、江戸時代から残された郭文化を身近に感じてきました。
江戸吉原花魁、京都島原太夫の歴史に敬意の念を持ちながら独自のスタイルを作り上げて金沢から全国世界中で花魁道中を成功させて来ました。
現在では二代目が組織する海外に向けた舞踊団UKONYAが更に原宿の文化と融合したKawaii Oiran文化を生みだし進化を続けています。

お問い合わせ-Contact-

お問い合わせフォーム

舞台・出張パフォーマンスや、ワークショップのご依頼・ご相談は下記フォーム、もしくは下記連絡先からお願い致します。

創作日本舞踊孝藤流事務局 

TEL : 080-6368-1368

E-mail : info.takafuji@gmail.com

 

金沢お稽古場

〒920-0172 石川県金沢市河原市町ロ86

東京お稽古場

〒111-0032 東京都台東区浅草1-36-8 VENIS 2階 

 
 
 
 
 
  • Facebook Classic

© TAKAFUJI DANCE COMPANY